フライヤー印刷

名札をしよう

仕事をする男性

会社での個人の在り方

ある程度の規模を持った会社であれば会社で着用される名札はあると思います。企業によっては名札ではなくIC機能が付いた社員証であったりする部分もありますが、名札というのはそれこそとても身近にある存在なのに着用義務はあるものの、あまり着用しない人も中には多い様です。それこそ幼稚園から上は中学、高校まで名札があり、集団組織に属する上でこの名札を介して一つの団結、または組織に対する責任感を持たせる意味があるのかもしれません。時代の変化によるものなのか、はたまたファッションやデザイン性の問題なのか中にはあまり好んで着用する人もいない中、企業によってはそういったものを無くし、変わりに社員証で管理する部分もある様です。

名札が個人に反映される

社外の人と付き合う部分で初対面では当然名刺を交換して挨拶を交わしますが、それ以外でも例えば商談の席等で名札を着用していると相手に名前を覚えてもらう部分ではとても高価が高いと言えます。相手というのは必ずしも社外の人に対してではなく、社内の人に対しても言える事です。自分自身で分析した名札をつける人、つけない人の分け方の一つで、きちんと名札を着用している人は組織的に行動が出来る人、または組織的に行動をしている人になると思います。逆に着用していない人は個人プレーが多く、仕事も一人でもくもくこなす様な人に見られると自分は思っています。こと仕事に置き換えると会社にとって重要な部分としては組織的に仕事が出来る人が優先されるかもしれません。そう感がると名札の大切さというのは疎かに出来ない部分と言えます。

Menu